雪の日舎
今日の里山じかん

「おかえり」といってくれた第二のふるさと

2018.04.15

 

 

春爛漫の神奈川県横浜市を離れ、

まだ寒さの残る新潟県十日町市へ向かう3月のはじめ。

 

中学校の同級生と母が東京駅で見送ってくれた。

 

自分で決めたことなのに、東京駅を離れると同時になぜか涙が止まらない。

 

休日で新幹線は満員なのに、恥も忘れて泣いてしまった。

 

家族、友人、11年も住んだまち、

その全てが私の大きな支えだった事に改めて気づかされた。

 

 

だけど十日町市に着くと、

会うひとみんなが「おかえり」と言ってくれた。

 

こんな私だけど、待っていてくれた人がたくさんいて

とても幸せだった。

 

このまちにも、家族のようなひとが沢山いると、そう思えた。

 

 

 

第二のふるさとで始まる新しい暮らし。

 

好きなひとたちと、好きなまちで、

働き、暮らし、生きていこうと決めた。

 

これからの楽しい日々や、わくわくする未来を想像すると

さっきまであんなに泣いていた私も

まだ雪をこんもりかぶった山を見て、自然と笑顔になった。

水沼 真由美

水沼 真由美

1994年、神奈川県横浜市生まれ。法政大学現代福祉学部卒。2018年3月に新潟県十日町市に移住。雪の日舎で新社会人としてスタート。働きながら社会福祉士を目指して勉強中。