雪の日舎
今日の里山じかん

大人の階段のぼる春

2018.04.15

待ちに待った春が十日町市にもやってきた。

 

真っ白だった世界は、日に日に色鮮やかな世界になり心もウキウキしてくる。

 

早速私も山菜採りに出かけた。

雪の残る山の斜面から顔を覗かせるふきのとう。

「待ってたよ」と声をかけながら、たくさん摘んでみる。

 

 

とはいえ、山菜料理はまだまだ上手に作れない。

 

そんな時には、新潟県佐渡市の郷土料理がぎゅっと詰まった

『さどごはん』を頼りにしている。

 

 

 

今回はふきのとう味噌に挑戦。

味噌の風味に、ほろ苦いふきのとうがたまらない。

ごはんがいつもより、すすむすすむ。

 

 

ふきのとう味噌を作りながら

小学生の頃をふと思い出す。

 

 

「ふきのとう」という物語を国語の授業で習って

学校の先生が天ぷらにして食べさせてくれた。

あのときは、ほろ苦さの良さが分からず

隣の席の子と顔をしかめた。

 

 

 

あれから15年。

里山のご馳走「ふきのとう」を私は喜んで食べている。

 

 

ちょっとだけ大人になった気がした春の始まりだった。

 

 

 

 

■現在販売中の山菜はこちら

うど便バナー

 

 

■LINE@はじめました

水沼 真由美

水沼 真由美

1994年、神奈川県横浜市生まれ。法政大学現代福祉学部卒。2018年3月に新潟県十日町市に移住。雪の日舎で新社会人としてスタート。働きながら社会福祉士を目指して勉強中。