雪の日舎
雪の日えほん『里山日和』

あさとメェの稲刈り〜心はぐくむ里山じかん

2018.02.23

雪深いお山のむらのおはなしです。

このおはなしを綴るのは、こどもたちの寄り添いびと、ほまれさん。

こどもたちの毎日にあふれている「わくわく」のおはなしを写真やイラストで、みなさんにお届けします。

 

一冊のえほんをめくるように、楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

ー2017年 秋ー

里山にも、稲刈りシーズンがやってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時期のあさちゃんとメェちゃんは、“稲刈りあそび”をたのしんでいます。

「みなさん、お久しぶりです。やぎのメェです。私に頭突きしながらおじぎをしているのが、ともだちの“あさちゃん”です。どうぞよろしくね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あさちゃんは里山で稲刈りをするママに「がんばってー!」とエールを送ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

あさちゃんのママだけではなくて、パパも、じじも、ばばも一緒に稲刈りをします。

あさちゃんもときどきお手伝い。

乾燥機に籾を入れるときはお相撲さんごっこ。「のこったのこった!」とじじが声をかけて応援してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは籾摺り。

ママの背中を真剣に見つめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あさちゃんもやりたい!」とまたまたお手伝い。

ちいさなあさちゃん。今は抱っこしてもらっているけれど、いつかママみたいに自分でできるようになるね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、あさちゃんとメェちゃんの稲刈りあそびのメイン“里山tea time”がはじまりました。

籾殻のクッションにもたれながら食べるクッキーは最高!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おいしいね!お山きれいだね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい!メェちゃんもたべてね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山の湧水をゴクゴク。

「つめたくて さいこ~う!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「メェちゃんも のんでね!」

※この日の帰り道、メェちゃんは しっとりひんやりしてました。ちょっと風邪をひいたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あさちゃ~ん!ママのお仕事、そろっとおわるみたいだよー!」

「メェちゃんまってて!もう少しでおわるから!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴシゴシ、ゴシゴシ!

「おくつ あらってるの!」

そっか。里山であそんだ帰りは、長靴きれいに洗わなくちゃね。

ママがいつも洗っているものね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やさしさに包まれた里山じかん。

あっという間に日が暮れます。

また明日もあそぼうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

執筆者

川延誉

東京都世田谷区生まれ。iターン留学にいがたイナカレッジを活用して雪の日舎でインターン中。

佐藤 可奈子

佐藤 可奈子

雪の日舎代表。1987年、香川県高松市生まれ。立教大学法学部政治学科卒。大学卒業後、新潟県十日町市に移住、就農。2014年かなやんファーム立ち上げ。2017年より農園を新しく、雪の日舎として組織化。新潟県農林水産審議会委員。十日町市農地利用最適化推進委員。