雪の日舎
雪の日えほん『里山日和』

はじまり~心はぐくむ里山じかん

2017.12.27

雪深いお山のむらのおはなしです。

このおはなしを綴るのは、こどもたちの寄り添いびと、ほまれさん。

こどもたちの毎日にあふれている「わくわく」のおはなしを写真やイラストで、みなさんにお届けします。

 

一冊のえほんをめくるように、楽しんでくださいね。

 


 

 

さぁさぁみなさん、あそびましょう♪

わらって うたって あそびましょう♪

ちょっぴり ないたり おこったり。くじけたってへっちゃらよ♪

だって みんながいるからね♪

きらきら たいよう、もくもく くも、ぽつぽつ あめに、どかどか ゆき。

いろとりどりの はなや くさ。うたが とくいな むしさんも。

みんな みんな ともだちよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「メェちゃん、おててつなごうか!」

「うん!そこ耳だけど、ありがとね♪ あさちゃん、だいすき!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

執筆者

川延誉

東京都世田谷区生まれ。iターン留学にいがたイナカレッジを活用して雪の日舎でインターン中。

佐藤 可奈子

佐藤 可奈子

雪の日舎代表。1987年、香川県高松市生まれ。立教大学法学部政治学科卒。大学卒業後、新潟県十日町市に移住、就農。2014年かなやんファーム立ち上げ。2017年より農園を新しく、雪の日舎として組織化。新潟県農林水産審議会委員。十日町市農地利用最適化推進委員。