雪の日舎
行ったり来たり婚

夫婦の歩みと成長をどう計る?立ち戻る場所持っていますか。

2018.04.14

豪雪地・津南と豪雪地・妙高
どちらかを選ばなきゃいけないなんて、つまらない。
どちらも選びたいから、行ったり来たりする。
「二拠点居住」というライフスタイルへの憧れでもなく

ただただ、自分たちのしたい生き方を選びとってきた結果。
それが私たちの行ったり来たり婚です。

 

 

おかげさまで1周年!

新年度が始まる4月1日、わたしたちの行ったり来たり婚も1周年を迎え、2年目のスタートを切りました。

たくさんの方に支えられ、応援していただいて、本当に幸せな一年目でした。

結婚記念日は、「絶対忘れない日」として4月1日に決めたのですが、

なんだかんだ年度始めというのはバタバタしてしまうものですね……。結局1周年記念日はふたりとも予定があったので、フライングでお祝いをしました。

 

1周まわって、落ち着いた

この1年を振り返ってみると、バタバタと入籍、両家への挨拶、顔合わせ、地域への挨拶、結婚式準備、大阪での結婚式……そしてふたりとも働き方が変化する年でした。

本当にめまぐるしくて、入籍した日のことが遠い昔のように感じます。

最近はというと、「入籍」「結婚式」という一大イベントを終え、すっかり落ち着きました。

なんだかんだ「入籍」「結婚式」があると、二人でやることがあるので、会う機会も多かったんだなぁと思います。

それに比べて最近は、お互いが「仕事」に打ち込む時期でもあり、会う頻度は1〜2週間に1度くらい、結婚する前と同じくらいになりました。

「あぁ。なんだか元どおりだな。」

良くも悪くも、そんなふうに思っていました。

 

過去といまと、未来をつなぐ場所

 

そんなときに取り出したのが、この一冊のノートです。

実はこのノート、プロポーズのときに夫が渡してくれたもの。

「これからこのノートに、2人でいろんなことを刻んでいこうな」

という一言と一緒に。

 

1年前、入籍したときには、2人でこれから3年間くらいの夢と計画を書き込みました。

 

1年経ったいま見返してみると、

なんと1年前に立てた計画の通りに、ちゃんと進んでいるではありませんか!

 

「あぁ。なんだか元どおりだな、と思っていたけれど、こうして足跡を辿ってみると、ちゃんと前に進めているんだな。」

 

少し安心しました。

 

 

わたしたちは、

「過去」しか見えていないと、過去を羨んだり恨んだり、後ろ向きな人生に。

「いま」しか見えていないと、行き当たりばったりの人生に。

「未来」しか見えていないと、足元のふわふわした、夢見る夢子ちゃんになってしまいます。

 

大切なのは、「過去」でも「いま」でも「未来」でもない。

それぞれをつなぐ場所。

この足跡を辿ることで、自分と相手の変化や成長を俯瞰して見ることができます。

「わたしたち、それなりにできてるじゃん」

「あぁ、これはできなかったから、気にしようね」と。

 

諸岡家にとっては、このノートが立ち戻る場所になっています。

 

 

次回は具体的にどんなふうにノートをやりとりしているのか、少しだけおすそわけしたいと思います。おたのしみに。

諸岡 江美子

諸岡 江美子

雪の日舎webディレクター/保育アドバイザー。1987年、千葉県船橋市生まれ。東京都内の認可保育園にて5年間勤務、その後新潟県妙高市にある国際自然環境アウトドア専門学校、自然保育専攻に社会人入学。津南町地域おこし協力隊を経て、現在はClassic Labとして独立。雪国の「あるもの、生かす」という生き方を研究している。編集者、エッセイスト。