雪の日舎
スタッフのおすすめ

スタッフ愛用中!暮らしになじむ雪の日舎オリジナルトートバッグ、私たちの使い方

2018.07.19

雪の日舎では、シルクスクリーンを使い1枚ずつ手刷りをしたトートバッグを販売しております。

 

あれも、これも、いっぱい入ってちょっとしたお出かけに使えるトートバッグが欲しい!

雪の日舎のスタッフで、これがいいね!あれがいいよね!とわいわいと話し合ってできたトートバッグ。

スタッフも絶賛愛用中です。

 

 

 

 

農作業のおともに〜可奈子編〜

 

スタッフ可奈子は、農作業へ行くときに愛用中です。
トートバッグの中では厚めの丈夫な10オンスの生地を使用しているので、大きな水筒を入れてももちろん大丈夫です。

 

 

 

 

水分補給して元気に頑張るための大きな水筒、さつまいもとお米の栽培記録、日焼け止め、それからおやつも入れて。今日も元気に頑張ります!

 

 

それでは畑に行ってきます♪

 

 

 

 

仕事のサブバッグに〜真由美編〜

 

スタッフ真由美は、出勤時のサブバッグとして愛用中です。
リュックには入らない大きな荷物や、サッと取り出したいものを入れています。

 

 

 

 

 

パソコン、ケータイ、充電器。
これだけ入れてもまだまだ入る余裕があるので、仕事で使う本や書類を入れたりもしています。
A4サイズのファイルもバッチリ入るので、ちょっとしたミーティングにも便利です。

 

 

 

麦わら帽子のブローチを付けて夏らしくしてみました♪
よーし!今日も仕事頑張るぞ!

 

 

 

 

 

ちょこっとリュックにしのばせて〜江美子編〜

 

 

スタッフ江美子は、リュックにしのばせて荷物が増えた時に愛用中です。
くるりと丸めればコンパクトになるのでとっても便利。

 

 

 

 

例えば、地域の方に差し入れをいただいた時にもバッチリ。
荷物が増えてもトートバッグを持っていれば安心です。

 

お買い物でもエコバッグとして大活躍間違いなし。

 

 

今日はどこに出かけようかな♪

 

 

 

 

使い方はそれぞれ、暮らしになじむトートバッグ

スタッフの愛用の仕方はそれぞれ。
暮らしや仕事など様々なシーンでなじむトートバッグです。

 

ぜひ、好きなものをたくさん詰めて様々なシーンでご愛用ください。

 

 

■スタッフ愛用中のトートバッグはこちらから

 

 

■トートバッグと合わせてもっと素敵に!くらしの道具たち

水沼 真由美

水沼 真由美

1994年、神奈川県横浜市生まれ。法政大学現代福祉学部卒。2018年3月に新潟県十日町市に移住。雪の日舎で新社会人としてスタート。働きながら社会福祉士を目指して勉強中。