雪の日舎
はじめまして、雪の日舎です。

第2話 雪の日舎が実現したい、未来のはなし

2017.09.29

日本の農村を未来に。

農園に集まった異業種6名チームで行う、未来への挑戦。

中山間地域の農村・農業をつなげるために、私たちが具体的にどんなことをしようと思っているのか、どんな未来を描いているのか、お話しさせていただきます。ぜひ、コーヒー片手に聞いてくださいね。

 

限界集落ではない。きぼうしゅうらくとの出逢い

まずは雪の日舎が生まれるまでのお話です。

私と集落との出逢いは2004年に発生した中越地震の復興ボランティアでした。村は当時6軒13人の限界集落、冬は多いときで3~4m近く雪の積もる豪雪地でした。

でも行ってみると限界集落ではありませんでした。「集落を存続させたい。自分たちが限界集落から脱して、日本中の過疎地を元気づけたい」。そして村がひとつになり、一生懸命船をこいでいたのです。その姿は、限界集落ではなく、きぼうしゅうらくでした。

それ以来、通うようになると、村の人たちは一緒に農作業をするなかで、農業がうむ生き方や文化、自身の哲学を教えてくれました。それは不安と変化の時代にぶれない、確かな生き方でした。こんな大人になりたい。彼らが未来を信じて繋ごうとするものを絶やしたくない。

そして私は移住を決意し、大学を卒業してゼロから農業を始めました。

中山間地域で農業をするなかで目の当たりにした、農村・農業の課題

しかし、中山間地域で私自身農業をするなかで、農村・農業の課題に直面します。

①高齢化、後継者不足であること

価値観の都市化

③社会全体の縮小によって、需要の低下、業界を超えた担い手不足

私たちがくらし、働くこの地域は、大好きな場所でありながら、社会のあらがいようのない変化とともに、課題に向き合う課題先進地でもあります。待ったなしの日々に、焦りを感じる日々です。

 

一方、移住女子としての活動で出逢った、都市の女性たちの悩み

 

私だけが農業してもだめだと、2013年からは農村に移住した女性たちと「移住女子」として里山のリアルを発信するフリーペーパー「ChuClu」を発刊し、都市と農村をつなげる活動も始まりました。

2015年からは「にいがたイナカレッジ」さんで全国移住女子サミットも東京で毎年開催し、生き方の選択肢としての地方を提案し続けてきました。

その中でたくさんの女性の話を聞いていると、彼女たちの悩みにも気づきました。 

①東日本大震災以降、安心安全な食と子育てを求め、お金があっても得られないものがある都市での生活に不安を抱いていたこと

②長時間労働をはじめ、仕事と子育ての両立に苦しみ、都市での生活に無理を感じていたこと 

このように、里山での農業と、都市の女性の課題に向き合うなかで、私たちはくらしや、こども、作物をしあわせにはぐくむことができるフィールドを求めているのだと気付きました。

そして、はぐくみびとに寄り添い、農村の未来を育てようと、「雪の日舎」を立ち上げました。

 「豪雪農業がつくる生き方と文化を未来につなぎ、はぐくむ喜びを手渡せる、持続可能な社会をつくる。」

農業を未来につなぐことは、農村をつなぐことです。

しあわせなはぐくみびとを増やし、農村をつなぐために私たちは、以下の2つにアプローチし、図のようにはぐくみの車輪がうまくまわる形を目指したいと思っています。

1.はぐくみやすいフィールドをつくる

…この場所で生まれ、命を終えるまで、しあわせにくらし、こども、作物をはぐくみ続けられる仕組みをつくる。

2.はぐくみが生む価値の出口をつくり、役割をうむ。

…かつて里山に役割(仕事)があった。この場所の資源や価値を活かし、形にし、役割や仕事をうむ。また、それらがこどもたちの味覚と感性を里山で育むものともなり、未来のつなぎ手を育てるものとなることを目指す。

 

 

今年いっぱいの準備期間を経て、はぐくみのフィールドをつくり、各々が持つはぐくむ力を引き出し循環させることで、社会的課題の解決を実現したいと思います。

 

私たちが実現したい、未来。すべての人が安心のなかで、くらし・こども・作物をはぐくむことができる世界を

実際に農村に住んでいると、

こどもをはぐくんでいる人、

作物をはぐくんでいる人、

そんな「はぐくみびと」たちが元気だと、こどもも地域も元気です。

はぐくむこと、そのものは、元来とても人をしあわせにするものでした。

しかし「ひとりで頑張らねば」「こうあらねば」と苦しんでいる女性や農家はたくさんいます。

「こどもひとり育てるには、むら一つ必要」というアフリカのことわざがあるように、私自身、出産し子育てするなかで、「ここは皆が親で地域自体が保育園のようなもんだ」と話す村の人たちに救われています。

この場所はずっと、くらしや、こどもや、作物のしあわせなはぐくみのフィールドだったのです。日本中にしあわせにはぐくむことができる居場所ができれば、居心地のいい社会の空気が作られるはずです。

 

しあわせな、はぐくみの連鎖

そして里山にはまた、こどもたちの声が戻り、しあわせなはぐくみの中で見守ってくれる居場所や親のような存在を日本中にもつ、こどもたち。

こどもたちが、この場所で、たくさんの見守りのなかで恐れずあゆみ、たくさんのたからものを見つけ、しあわせなはぐくみに出逢い、次は誰かの人生を見守ることができる存在となる。そんな、しあわせなはぐくみの連鎖によって、農村が未来につながる世界を目指しています。

 

そんな素敵な未来を、私たちは夢を語れるこの小さな農村から作っていきたいと思います。

次回からは、雪の日舎に携わるメンバーそれぞれの、今にいたるまでのはぐくみの日々のお話しをさせていただきます。