雪の日舎
       

雪国の里山農業から、こころ動く世界を

About Us

                   雪の日舎は、日本有数の豪雪地、
                   新潟県十日町市の里山で
                   「こころ動く世界」を生み出すことを目指し
                  ものづくりをしている農園です。

               

私はたくさんの妄想とインスピレーションと感動を生む自然と人の営みの姿が大好きです。

               

それは苦しいとき、自分を見失いそうなとき、悲しいとき、多くを語りかけてくれました。

               

私が農業に携わったきっかけは、大学3年生の頃、十日町市の6軒13人の限界集落との出会いでした。

               

中越地震の復興ボランティアで出会った集落は
限界を希望に変える夢を語り
その夢にたくさんの仲間が集まり
誰もが無理だと思った「限界集落からの脱出」という夢を現実にしてきました。
そんな集落の人たちは、未完成な私にもまっすぐ向き合い、農業を通じた自然との対話から、目に見えないけれど大切な哲学や美意識を教えてくれました。

               

それは変化の激しい時代に
大事なものを見失わず、明日を切りひらきながら自分の人生を生きる、北極星となりました。

                   本質を変えずに、美しくしなやかに変化してゆく里山と、農業と、ひと。
                   こういう生き方がしたい。そう思い立ち、大学を卒業した2011年に単身で移住、就農しました。
                   その後、夫とも出会い、2人の子どもを授かり、素敵だと思える世界を見させてくれました。              

                   いままで里山農業や師匠たちから受け取ってきた
                   驚き、発見、感動といった「こころ動く」を世界へ届けたい。

                   豪雪地の雪の日は
                   嫌がられることもあるけれど
                   春になれば、山の湧き水にかわり
                   季節は巡り
作物をはぐくむ命の水となり
見えない価値を届けてくれます。                

目に見えない豊かさを与えてくれる、
この雪のように、木々が育つ時間のはやさで、
                  長い長い物語を皆さまと一緒に
                  つむいでゆけますと幸いです。                

               

株式会社雪の日舎
佐藤可奈子

会社概要

社名

               

株式会社雪の日舎

所在地

948-0103 新潟県十日町市小泉167-1

代表取締役

佐藤可奈子

設立

               

2018年9月13日(2011年かなやんファームが前身)

事業内容


○農作物の生産、商品開発、販売
○ECwebメディア「雪の日舎」運営、調査活動「農あるくらしと、子育て白書」発刊
○こどもと農をつなぐアパレル&ツール企画、販売「NORAGI」「こども鍬」